歯科治療には欠かせない、矯正歯科や入れ歯などについて

歯科について

sika

歯科とは、歯または歯の周囲組織などが病気になることを防ぐことや治療を扱う診療科のことである。
一般的な虫歯などの治療や歯周病の予防や治療については、健康保険が適用される場合が多いとされる。
審美歯科とは歯の治療だけではなく、欠損をした歯を元の状態と変わらないようにすることや、目立つ詰め物を自然な状態にすること、ホワイトニングや矯正など総合的に美しい歯の外観を目指す診療をし、保険の適用がされない場合が多くある。

現代の歯科の安全性

teeth

現代の歯科医療はすごい進化しているのである。
治療が痛くならないように、麻酔をするが、麻酔も痛みを伴うので少しでも痛みを減らすために表面麻酔というものもやるのである。
治療だけでなく、器具も超音波洗浄機、オートクレーブ(滅菌機)などにかけることで、感染の可能性があるウイルスや菌などをやっつけてくれるものがあるので、感染の心配もないのである。
虫歯や歯周病など気付いた時にはもう遅いことが多いので痛みがでる前歯科にいく必要があるのである。

歯科の現状

歯科は虫歯の治療を行う機関というイメージが一般的に定着しているが、現代の歯科ではその治療を行う前の段階、つまり予防について重要視する傾向にある。
治療は一見治したから安心という感覚をもたらすが、人工物で修復した部分は所詮作り物であり、その強度や実用性は天然の歯に敵うことはない。
そこで治療になる前に予防を、という流れになりつつあるのだ。虫歯や歯周病を無くすために定期的に検診を受けたり、ブラッシング指導をしたりなど、医院の存在価値が少しずつ変化しつつあるのが現状だ。